さくらVPSにBitnamiでRedmineをインストール【その2 インストール編】

前回の記事でCentOSセットアップが完了したので、いよいよRedmineをインストールしていきます。

必要なパッケージのインストール

まずはRedmineインストールに必要なPerlなどのパッケージをインストールします。

# yum install wget glibc-devel perl perl-Data-Dumper

現時点ではさくらVPSの「標準インストール」には最新版が入っているようです。何もせずに終了したので次に進みます。

読み込んだプラグイン:fastestmirror, langpacks
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * base: ftp-srv2.kddilabs.jp
 * epel: ftp.iij.ad.jp
 * extras: ftp-srv2.kddilabs.jp
 * updates: ftp-srv2.kddilabs.jp
パッケージ wget-1.14-15.el7_4.1.x86_64 はインストール済みか最新バージョンです
パッケージ glibc-devel-2.17-222.el7.x86_64 はインストール済みか最新バージョンです
パッケージ 4:perl-5.16.3-292.el7.x86_64 はインストール済みか最新バージョンです
パッケージ perl-Data-Dumper-2.145-3.el7.x86_64 はインストール済みか最新バージョンです
何もしません

Redmineインストール

Bitnamiのダウンロードページの「Downlord for Linux 64-bit」から最新版のインストーラのURLを確認します。
※この後の手順ではバージョン部分は適宜置き換えてください。
上で確認したURLを使用してインストーラをダウンロードします。

# wget https://bitnami.com/redirect/to/225667/bitnami-redmine-3.4.6-0-linux-x64-installer.run

ダウンロードしたインストーラに実行権限を付けます。

# chmod +x bitnami-redmine-3.4.6-0-linux-x64-installer.run

インストーラを実行します。

# ./bitnami-redmine-3.4.6-0-linux-x64-installer.run

言語の選択が表示されるので日本語の「3」を入力します。
ここで表示が「Japanese – ???」となる場合は、CentOSのロケールが「C」のままなので、前回記事を参考にロケールを変更してください。

Language Selection

Please select the installation language
[1] English - English
[2] Spanish - Espanol
[3] Japanese - 日本語
[4] Korean - ???
[5] Simplified Chinese - ?体中文
[6] Hebrew - ?????
[7] German - Deutsch
[8] Romanian - Roman?
[9] Russian - Русский
Please choose an option [1] : 3

今回はSubversionは入れないので「n」を入力します。それ以外は「Y」を入力してインストールを進めます。

----------------------------------------------------------------------------
ようこそ Bitnami Redmine Stack セットアップウィザードへ。

----------------------------------------------------------------------------
インストールするコンポーネントを選択してください。インストールしないコンポーネントの選択を外してください。準備ができたら“次へ“をクリックしてください。

Subversion [Y/n] :n

PhpMyAdmin [Y/n] :Y

Redmine : Y (Cannot be edited)

Git [Y/n] :Y

上記選択部分が正しいことを確認してください。 [Y/n]: Y

インストールディレクトリにドットやハイフンが入っていると、うまく動かないことがあるようなので、念のためインストール先のディレクトリを「opt/redmine」に変更します。

----------------------------------------------------------------------------
Installation folder

Bitnami Redmine Stack をインストールするフォルダを選択してください。

フォルダを選択 [/opt/redmine-3.4.6-0]: /opt/redmine

管理者のアカウントを設定します。メールアドレスとパスワードは後で変更可能ですが、ここで設定したアカウント・パスワードがMySQLの管理者アカウントとなります。

----------------------------------------------------------------------------
管理者アカウントの作成

Bitnami Redmine Stack の管理者アカウントを作成します。

表示用氏名 [User Name]: admin

Email アドレス [user@example.com]: 任意のメールアドレス(後で変更可能)

ログイン名 [user]: admin

パスワード :
確認のためにパスワードをもう一度入れてください :

データベースの言語設定を聞かれるので、日本語の「14」を入力します。

----------------------------------------------------------------------------
データベースに保管する際の既定の言語

データベース設定の規定値として使用する言語を選択してください:

[1] Bosnian
[2] Bulgarian
[3] Catalan
[4] Czech
[5] Danish
[6] German
[7] English
[8] Spanish
[9] French
[10] Galician
[11] Hebrew
[12] Hungarian
[13] Italian
[14] 日本語
[15] 韓国語
[16] Lithuanian
[17] Dutch
[18] Norwegian
[19] Polish
[20] Portuguese
[21] Romanian
[22] Russian
[23] Slovak
[24] Slovenian
[25] Serbian
[26] Swedish
[27] Turkish
[28] Ukrainian
[29] Vietnamese
[30] Chinese
オプションを選択してください [14] : 14

メールサポートが必要かどうかには「N」を入力します。

Do you want to configure mail support? [y/N]: N

確認メッセージが表示されるので「Y」を入力します。
インストールが開始され、完了までに数分かかります。

----------------------------------------------------------------------------
お使いのコンピュータに Bitnami Redmine Stack をインストールする準備が整いました。

続けますか? [Y/n]: Y

インストール完了後に、Redmineを起動するか聞かれるので「Y」を入力します。

----------------------------------------------------------------------------
セットアップウィザードによる Bitnami Redmine Stack のインストールが完了しました。

Redmine アプリケーション起動 [Y/n]: Y

OS再起動後などに手動でRedmineを起動する場合は、次のように起動を行います。

# /opt/redmine/ctlscript.sh start

Firewallの設定変更

Redmineはインストールできましたが、この状態でブラウザで接続するとFirewallにより接続が拒否されてしまいます。Firewallの設定を変更しましょう。
まずは現在の設定を確認します。

# firewall-cmd --list-all

結果は下記のように表示されます。

public (active)
target: default
icmp-block-inversion: no
interfaces: eth0
sources:
services: dhcpv6-client ssh
ports:
protocols:
masquerade: no
forward-ports:
source-ports:
icmp-blocks:
rich rules:

「services:」に「http」が入っていないので追加します。

# firewall-cmd --add-service=http --zone=public --permanent

Firewallを再起動します。

# firewall-cmd --reload

これでBitnamiを使用したRedmineのインストールは完了です。ブラウザで接続してRedmineが使用できることを確認しましょう。
次回は、Gitの設定を行いRedmineと連携できるようにします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. さけとば より:

    参考にさせていただきました!
    ありがとうございます(^^)/