さくらVPSにBitnamiでRedmineをインストール【その1 準備編】

社内のプロジェクト管理にRedmineとGitを使ってみることになりました。
AWSも検討しましたが、予算の都合でさくらのVPSを使用して安く構築したい!!
ということで、さくらVPS上にBitmaniを使用してRedmineを構築します。

CentOSをインストール

さくらVPSのコントロールパネルから「各種設定」→「OSインストール」を選択します。
OSインストール画面では「標準インストール」を選択し、OSは「CentOS7 x86_64」、さらにrootのパスワードを設定してインストールを行います。

インストールには数分かかります。
インストールが完了したら、これ以降はターミナルソフトでssh接続をして設定を行います。

Redmineインストール前の準備

SELinuxを無効にする

SELinuxの設定を確認します。

# getenforce

表示される結果により現在の設定がわかります。
Enforcing:有効
Permissive:無効だけどSELinuxのログは記録する
Disabled:無効

有効になっていれば、/etc/selinux/config をエディタで開き「SELINUX」の行を[disabled]か[permissive]に変更してOSを再起動します。

インストールされているパッケージのアップデート

初期状態では古いパッケージがインストールされているので、次のコマンドでまとめてアップデートしておきます。

# yum -y update

Gitをアンインストール

さくらVPSの「標準インストール」では、古いバージョンのGitがインストールされます。BitnamiでRedmineをインストールする際に、新しいバージョンのGitも入れるので、ここでGitをアンインストールしておきます。
念のためインストールされているGitのバージョンを確認します。

# git --version
git version 1.8.3.1

バージョン1.8.3.1がインストールされているためアンインストールします。

# yum -y remove git

phpMyAdminも念のため確認しておきます。

# yum list installed | grep phpMyAdmin

何も表示されなければインストールはされていません。
もしインストールされていればyumコマンドでアンインストールしておきます。
今回はSubversionを使用しませんが、使用する場合は同様にアンインストールします。

言語の変更

初期状態ではCentOSのロケールが「C」になっています。このままではBitnami Redmineのインストール時に「??????」で文字化けするので変更しておきましょう。
まずは現在の設定を確認します。

# localectl status
   System Locale: LANG=C
       VC Keymap: jp106
      X11 Layout: jp

jaに絞って使用可能なロケールを確認します。

# localectl list-locales | grep ja
a_JP
ja_JP.eucjp
ja_JP.ujis
ja_JP.utf8
japanese
japanese.euc

ロケールをja_JP.utf8に変更します。

# localectl set-locale LANG=ja_JP.utf8

OSを再起動します。

# reboot

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. DeNA80 より:

    手順通りできました thnx!